競売と自己破産と任意売却豆知識

任意売却をすれば債務を圧縮できるというメリットはありますが、最終的に債務をなくすことができるのかどうかということが重要になってきます。任意売却豆知識として知っておきたいこととしては、最終的に自己破産をするのなら任意売却でも競売でもあまり変わりはないということでしょう。この点を理解しておく必要があります。任意売却をするためには色々な手続きも必要となってきますから、もしも最終的には返済できないようになってしまって自己破産をするというのであれば、任意売却を利用する意味はあまりないと言えるでしょう。誤解されがちなことですが、任意売却ではすべての借金がなくなるというわけではありません。

売却価格によって異なっていると考えられるのです。例えば、債務が1500万円あったとして、任意売却をして住宅が800万円で売れたとしても、残りの700万円は任意売却後に返済していかなければなりません。それが返済できなくなってしまうということも考えられないことではありません。そもそも、任意売却をしなければならなくなるような状態ですから、その後に返済を続けていけるのかどうかということも分からない事なのです。では、どうするのが良いのかというと、完全に返済できるかどうかを判断することが必要となってくるのです。この点を金融機関と交渉することが必要となります。金融機関によっては、これに応じてくれることが多いでしょう。例えば、債務圧縮に応じてくれることもあります。債務圧縮に応じてくれれば返済は楽になるでしょう。

また、返済期間を長く設定してくれることもあります。返済期間が長くなれば月々の返済額を減らすことができますから、無理のない範囲で返済していくことができるでしょう。このように、返済計画をしっかり立てることができなければ、任意売却を利用する意味はないと言えるでしょう。返済ができなくなって自己破産をするのであれば、時間や労力をかけて任意売却の手続きをする必要はないと考えられます。任意売却豆知識としては、まずはこのように任意売却を利用することで債務がすべてなくなるのではないということを頭に入れておかなければなりません。任意売却をするメリットは色々とありますが、最終的にはそのメリットを生かすためには、自己破産をしないということが前提となってきます。このことも考えて自己破産の道を選ぶのか、あるいは時間や労力をかけて任意売却をするべきなのかを考える必要があるのです。