任意売却を希望する時の処理方法は

任意売却、簡単に考えると組んでいたローンの支払いが出来なくなった。そしてローンの残高に対しても、支払うことが出来ない。そこでその不動産物件を販売することで、債務者も債権者も納得行く価格で販売することを言うのです。ここには不動産業者も関わって来ますので、債務者、債権者、不動産業者の三者が納得することになるのです。この時の不動産は、不動産会社が購入すると言うのが基本です。ですがその時不動産会社を通しては、新規に販売することも可能なことなのです。

まずある事情が起きて住宅ローンの支払いが止まることから始まると思います。一般的に銀行等の金融機関では、不動産を差し押さえることします。更に競売にかけることで、換金をするのです。この場合、一般の価格よりかなり低い価格で取引されることが多いのです。大概は、2割から3割程度低い価格で売買されることが多いと聞きます。また極端な例ですが、場所が悪いなど条件が悪いと、買手がつかなく競売も成り立たないこともあるのです。このようなことが起きないように不動産業者が債務者と債権者の間に入り、両者の満足いくような価格での売買成立を目指すのです。この時競売価格よりは、高い価格になるよう設定もするのです。この場合を任意売却と呼ぶのです。

再度の確認になりますが、競売をさけて一般の市場に売却する方法を任意売却と言う訳です。ですがこの任意売却が成立しても、売却額が不足な時があります。2000万円の残高に対して1500万円でしか売れなかった場合があります。普通に考えるとこの時は、銀行側からは抵当権を外してくれないのです。ですが任意売却の場合、不動産業者と債権者の交渉で抵当権の抹消が可能になるのです。この時債権者の納得の行ける金額、更に債務者と債権者の関係もあります。債務者と債権者の間が険悪な時は、あくまで残りの金額を支払う義務が残っているので、遂行させられることもあるのです。普段からの行い、言動には十分な注意も必要になって来るのです。開き直りとでも思われた時は、口座凍結や給与差し押さえなどの方法も取られることもあるのです。ですから任意売却が終わった時点で、全て解決した訳でないのです。不明朗なことが心配に方には、弁護士さんに入ってもらうことが一番良いと思います。こちらの希望、そして弁護士さんの経験から良い方法を導きだしてくれるはずです。弁護士費用も任意売却の中から支払いが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*