任意売却のメリットは競売よりも高く売れることです。

通常競売は、市場相場価格よりもかなり安くなります。半分から高くても7割くらいです。残った金額は、全て債務者に借金が残ります。多くの場合は自己破産するしか有りません。かなり厳しい制度です。これに比べると任意売却のメリットは売却価格が、市場相場近くで売れますので、残債が少なくてすみます。借金もかなり減ります。支払いも柔軟に対応してくれますので無理なく払うことができます。うまくいくとかなり減免してくれることもあります。他には、競売になると情報が色々なところに流れますので、周りに知られることになります。仕事や生活に不便になることが多いです。

任意売却の場合はそのような事は一切ありません。通常の売却と同じ様な感じで出来ます。引越し代は、競売の場合はほとんど出ることは有りません。任意売却の場合は出ます。上手くいくと多めに出してくれることも有ります。任意売却で上手くいくと残債額よりも高く売れた場合は、資金が残る場合がありますがほとんどの場合は、資金が残らなくて借金になることが多いです。競売の場合は稀に資金が残ることがありますが、期待はかなり薄いです。退去日は任意売却の場合は交渉できます。競売の場合は出来ません。ひどいときは強制執行も有ります。売却の期間は任意売却の場合は短めです。競売の場合はかなり時間が掛かります。一度の競売で買主がつかない場合は、また次の回に回ります。競売に比べて任意売却は色々とメリットが多いですが、問題は債権者が納得してくれないことが多く、交渉が上手くいかないことが多いです。債権者は、多くの不良物件を抱えていますので、一々検討するのが面倒するのが大変なので、多くの場合は競売で一気に解決します。中には年間何万件の不良債権を処理する金融機関も有ります。

もっと任意売却が出来やすいようにいい制度作りが重要です。これからも景気はあまりよくならないと思いますので、多くの競売物件が出てくると思います。上手く債権処理ができるような方法を考えて欲しいものです。債権処理はいつも差権者側にとってしか、考えていません。もっと債務者の事を考えた債権処理が必要となって来ると思います。そうしないと何時まで経っても競売の件数は減らないと思います。自己破産の人が増える一方です。最近は債務整理の方法が色々と変わって自己破産する人が減っていますが、それでも大変な人が多くいると思います。任意売却を上手く活用する制度を作る必要があると思います。